サイトマップ(全目次)

★エアコン関連

常識のウソ:エアコンと扇風機で節電は誤り

エアコンの節電に効果的な方法

エアコン付きの部屋に入る前から涼しくする方法(暑い日に帰宅するときなど)

飲食して体が熱くなっても、エアコンはそのままで扇風機をつけた方が良い



★裾上げとか、針と糸とか

簡単な裾上げ方法

ホチキス裾上げ方法

接着剤で裾上げ

天才的発明の針

糸は白だけでOK













当ブログサイト全体について:
著作年月日公的証明処置済み(当ブログ記載の年月日ではありません)


読み上げソフトBalabolkaのインストールと設定と使い方

インストールについて:
Windows10Professional64bitでクロームを使ってインストールした手順をそのまま書いてみます。
まず
Balabolkaの公式サイト(下記のURL)を開く
http://www.cross-plus-a.com/jp/bfaq.htm 
左メニューの「BALABOLKA > プログラムについて」をクリック
出てきたページの上部から30cmぐらいのところの「Balabolkaをダウンロード」をクリック(その前に、やっておいた方がいい設定がある。それは→ クロームのデフォルトでは、いきなりダウンロードするのだが、それは不便なので前もって、そうならない設定をしておくとよい。それは「保存場所とファイル名を指定するダイアログが出るようにする設定」というページの通りです。この設定をしておけば、このようにダウンロード先とファイル名を自分で指定できる。とりあえず、この設定をしたという前提で以降を書きます)
すると、ダウンロード先のフォルダーとファイル名を決めるウインドウが出る。おいらの場合は、ダウンロード先はDownloadというフォルダーで、ファイル名は自動で出てきたbalabolkaという名前をそのまま使った。
保存ボタン
左下にダウンロード中とかダウンロードできたよとかを示すポップアップみたいのバーが浮き上がる。
「へ」みたいな記号をクリック
開く、をクリック
するとダウンロードをするためのウインドウが出る。
setupというアイコンをクリック
Windowsに変更を加えることに許可を与えますか?というようなダイアログが出るので、はい
言語を選ぶウインドウが出るのでJapaneseを選んで、次へ
挨拶みたいの説明みたいのウインドウが出るので、次へ
インストールフォルダーのダウンロード先を指定するウインドウが出る。おいらはそれでいいので、そのまま、「次へ」ボタン。
デスクトップとかに作っておくショートカットを選ぶウインドウが出るので、デスクトップにチェックを入れて、次へボタン
インストールされました、と表示される。
これで出来上がり。
そして、数秒待ったら、立ち上がった。
任意のページから適当にコピーしたテキストファイルを、今立ち上がったbalabolkaの文字入力部分(ウインドウの下部の広い部分)に、コピペした。
再生ボタン
そしたら、ちゃんと日本語で読み上げた。英語はアルファベットの綴を読み上げた。英語の文章なら、英語プルダウンメニューを選べばちゃんと読み上げる。


ーーー

今度は使い方とか設定の仕方とか。
---
まず基本というか、おいら的に一番良く使うパターン。とりあえず、起動から終了までを書きます:▶①balabolkaを起動(初めてのときには、この直後にやっておいたほうが良い設定がある。それは→設定→クリップボードのトラッキング。)→②webページやワードの文書などから読みたい部分をテキストコピーする→③balabolkaに貼り付ける→④再生ボタンをクリックする。すると読み上げが始まる。(コピーするだけで、自動で貼り付けと読み上げが開始することができる設定方法があるのだがそれについてはすぐ後の「R1」という欄で説明します)→⑤任意の場所をクリックすると読み上げが止まる。(一時停止ボタンを押しても良いが、今すぐに止めたい場合はクリックのほうが簡単)→⑥再開させたい場合は再開させたい部分をクリックまたはその部分の1文字だけ反転させたあと、再生ボタンを押す→読み上げが再開する→⑦balabolkaを終了させたいなら、右上の✕をクリックする。
ーー
その他の方法とか詳細な手順とか:
③について:
どんどん積み重ねる形で貼り付けることもできる(一番下に追加される)。やり方は、例えば、あるwebページ内の読み上げさせたい部分を選択して、右クリックしてコピーして、balabolkaに貼り付ける。次に、他のwebページ(同じwebページでもいいのだが)の某部分の文章を選択して、右クリックして、コピーして、balabolkaに貼り付ける。この繰り返しで、どんどん積み重ねることができる。
⑤について:
再生中に一時停止ボタンを押すと止まり、再び一時停止ボタンを押すと再生が再開する。
一時停止ボタンはF6でも同じ働きをする。すなわち、F6を押すと停止、再びF6を押すと停止した場所から再生。
⑦について:
終了させる時に、保存しますか?とかいうダイアログが出る。保存するなら、保存ボタンを押すとファイルとして保存できる。その際、ファイル名と保存場所を指定できるのだが、デスクトップに保存してもいいし、専用フォルダーを作ってそこに保存してもよい。
さらに深い説明をすると(と言っても、初心者は複雑になるので後回しにしたほうがよい)、その際、どこに保存してもbalabolkaの下の部分にそのタブができる。そのタブは、右クリックして閉じるを押すとそのタブは消えるが、先程保存した部分(デスクトップに保存したならデスクトップ、専用フォルダーに保存したならその専用フォルダー)にはちゃんと残っている。
で、とりあえず、balabolkaを終了したければ終了させる。
あとで起動すると先程のタブも表示される(先程のタブを閉じるをクリックして閉じたならそのタブは表示されない)。
先程デスクトップとかに保存したファイルを読み上げさせたい場合は、そのファイルのアイコンをbalabolkaの文章表示部分にドラッグすればよい。そうすると、そのファイルの文章が表示される。そして、再生ボタンを押すと、音読してくれる。
---
R1(上記の④の追記的説明):
WEBページなどをコピーするだけで、自動で貼り付けと読み上げをさせる設定方法について:
まず基本設定として:▶設定→クリップボードのトラッキング。
操作として:▶WEBページ内の読ませたい部分のテキストをコピーアンドペーストをする。すると、それだけで、読み上げる。
でも、自動でウインドウに貼り付けする設定をしたい場合は次の説明の通り。
ーー
コピーするだけで、音読が始まり、なおかつ、そのテキストを自動で貼り付ける設定(しかも、今まであった文章はそのままで下部に追加されるという設定):▶設定→設定→クリップボード→「このドキュメントにテキストを追加して音読する」にチェック→OK
 コメント:置換でなく追加という方が、おいらには便利なので、この設定にしている。なぜなら、例えば、「さっきのは重要だったので、その文章に戻ってもう一度聞いてみよう」とかいう時、わざわざもう一度、その文章を探して、コピーする作業の必要が無いから。
ーー
テキストをコピペで貼り付けたい場合で、その文字を大きくさせたいなら:▶表示→フォントと色→フォント→25(例です。おいらが希望した文字の大きさです)→OK→OK
ーー
読み上げを一時停止させ、他の部分から読み上げさせたい場合は:▶任意の文字をクリックすれば停止します。または静止または停止ボタンを押す。→で、他の部分から読み上げさせるには、他の部分(新たに読み上げさせたい部分)の文字を反転させる。→再生ボタン→これで、新たな部分からの読み上げが始まる。
ーーーーー
コピペで貼り付けた文章を読み上げさせる際はデフォルトでは、いま発音されている単語が反転する。これは、意外に目障りなので、反転させなくさせる方法。この場合、それまで読み上げたの文字は色が変わる。すなわち、まだ読んでいない部分が黒で、すでに読んだ部分が青色になる。さて、その設定方法は:▶設定→設定→リーディング→「音読中に今の単語を表示」にチェックがデフォルトで入っているのだが、そのチェックはチェックしたままで、その2行下の「今の単語を選択する」のチェックを外す。→OK→これでもはや反転表示はされず、かつ、すでに読み上げた部分と同様に青色に変わる。→これで設定は完了です。→で、おいらの感想なんだけど、これは素晴らしいです。今読んでいる部分がわかるし、反転と違って、全然目障りでない。
--続き--
で、それでも、カーソルが目障りだという人もいるでしょう。ここでいうカーソルとは、今読んでいる文字と隣の文字との間に表示される細い縦の縦棒で「│」の表示です。この縦棒を表示させなくする方法:▶これは簡単です。どんな文字でもいいから、一旦、任意の文字をクリック→すると、停止する。→再開させたい部分の文字をクリックする(でも、状況によっては、クリックが不十分なことがあるので、その文字を反転させた方が良い)→再生ボタン→これで、今後はカーソルが表示されなくなる。→もしそれでも表示されないのなら、設定されていないという意味なので新たに設定する。その設定方法は→設定→設定→表示→「カーソルを隠す」のチェックを外す→OK→で、再生ボタンを押す。→たぶん初回はカーソルが出るはず。(出ないなら問題ないので、それでいいのだが)。→カーソルが出る場合は→前述のとおりです。すなわち→「どんな文字でもいいから、一旦、任意の文字をクリック→すると、停止する。→再開させたい部分の文字をクリックする(でも、状況によっては、クリックが不十分なことがあるので、その文字を反転させた方が良い)→再生ボタン→これで、今後はカーソルが表示されなくなる。」
--続き--
音読したら色が変わるのだが、色を変えない設定もできます。黒のままということです。でも、読んでいる部分は中央の行になるように、行全体が上がるので、「今、どこを読んでいるのか」がわかるし、しかも全く目障りでない。ではその設定です:▶設定→設定→リーディング→「他の色で読み上がったテキストを強調」のチェックを外す→OK
ーー
テキストを貼り付けたら(または自動で貼り付けられたら。または、保存しておいたBalabolkaの読み上げテキストファイル(((((そのファイル保存については後述(もしかすると編集で移動した可能性もあるので、前述かも)))))) を再び表示させたら)、任意の場所から読み上げさせることができる。その方法は:▶任意の場所というか読み上げさせたい場所の文字をクリックする。でも、クリックしても状況によっては、2回クリックしないとカーソルがそこにできないこともある。それに備えて、その文字をクリックするでなくその文字(一文字でよい)を反転させる。→再生ボタン→これで、その部分から読み上げが再開される。
ーー
キーボードのキーを押すだけで読み上げを一時停止させ、なおかつ、同じキーをもう一度押すと一時停止が解除されて、読み上げが再開されるようにする方法:▶これは設定は不要です。単に、F6キーを押せば一時停止し、再びF6キーを押せば読み上げが再開します。
便利な方法:▶F6キーは中途半端な位置にあるのでとっさに押しにくい。押しやすくするためには→F6キーのすぐ上(すぐ手前の反対。すなわちすぐ向こう)にガムテープを貼っておく。こうすれば、目をつぶっていたも、指でそのキーが簡単に見つかり、いつでも簡単に押せて一時停止とその再開ができる。
ーーー

おいらのコメントとか感想とか:
長所:
 発音はほぼ本物の人間の声と同じですね。まあ、よく聞くと、抑揚が不自然なこともあるけど、まあ、ほぼ人間と同じ発音です。しかも、声の高さを無段階で変えれるので、男性の声も女性の声も出せるし、かん高くさせたり、低音の声をだすこともできる。
 このBalabolkaという読み上げソフトは、今読み上げた文章を保存することができる。しかも、次回に起動させる際に、起動と同時に、その文章を表示させて、読み上げさせることができる。それだけでなく、ファイルとして保存でき、その保存した複数のファイルをタブの状態で簡単に使えるので、クリック一つで、そのファイルを読み上げられる(厳密に言うとクリック2つ)。
 今読み上げている文章の、どの部分を今読み上げているのかが簡単にわかる。簡単にわかりやすいので、かえって目障りなら、目障りでない設定もできる。
 
短所:
 もしかするとおいらが不勉強で単に無知なだけなのかもしれないが、おいらの知っている範囲内のことを書きます。ライバル的な読み上げソフトのソフトークと違って、単語の読み替えや読み飛ばしができない。また、「特定のフレーズや文字列が含まれている文(改行から次の改行まで)」を読み替えさせたり読み飛ばせたりすることはできない。でも、おいらが勉強不足なため、本当はできるのに、おいらができないと信じているだけなのかもしれないが。おいらは、2ちゃんねるの一つのスレッドをいっぺんに読み上げさせることをよくやっているのだが、ソフトークでは例えば、「: 名無しさん 2017」という文字列が含まれている行(厳密に言うと、改行から次の改行まで)は「あ」という音(おん)に読み替えをさせたり、読み飛ばせたりできる。なので、おいらは②ちゃんねるのスレッドを読み上げさせる場合は、この使い方で、スムーズに2ちゃんねるを聞いている。

追記(2017-06-24①):
スペースキーを押すと一時停止する機能に設定:
 設定方法→ 設定→設定→ショートカットキー→グローバルショートカットキーを使用する、にチェックを入れる→スクロールして、spaceと書いてあるところのプルダウンメニューを押してspaceでないキーに変更する。例えば、「p」というキーに変更する。なぜこういうことをするのかというと、spaceキーの使用を重複させないため。で、これでspaceキーは設定されていない状態になった。→今度は一時停止(押すたびに一時停止と再生が交互になる)をspaceキーに設定する。そのために、今度は一時停止の項目のf6をspaceに変更する(プルダウンメニューで変更する)→cntlとaltのチェックを外す→OK (おいらは、後にspaceキーを「↓」キーに設定変更した。なぜなら、次に示す「注意」に書いたとおり。すなわち、他のアプリケーションでspaceキーを使えなくなるのを避けるため。まあ、そのかわりに「↓」キーが使えなくなるが、spaceキーが使えなくなるよりはマシ。) 
 注意1→なお、この設定にすると、他のウインドウ、例えば、Wordとか掲示板(当然、ブラウザ上の掲示板)とかではspaceが機能しなくなる。なので、機能させるためには、一時的にBalabolkaを閉じる。
 注意2→「注意1」の不都合を避けるためには、一時的に次のようなことをする。すなわち→設定→設定→ショートカットキー→グローバルショートカットキーを使用する、のチェックを外す→OK。(当然、もとに戻したい場合は、この逆をする)

 操作方法→読み上げ中に一時停止させたい場合は→スペースキーを押す。→一時停止をする。→再び再生させたい場合は→スペースキーを押す。→一時停止したところから再生が再開する。

他の機能の設定(例えば、読み上げ中に一つ前の文に戻るとか一つ後の文に進むとか):


 これらの設定は前述の「スペースキーを押すと一時停止する機能に設定」と同様にやればよい。おいらは一つ前の文に戻る設定は「←」キーに設定した。一つ後の文に進む設定は「→」キーにした。

追記(2017-06-24②):
今読み上げている行を常に真ん中になるように文章が自動でスクルロールするという設定方法をこのブログページの本文に書いた。でも、それでも、見づらい人もいるだろう。なぜなら、たとえ今読んでいる部分が常に真ん中に来るようにしても、自動スクロールするせいか、「今どこを読んでいるのか」が確認しづらいから。なので、そこに指を置いておくのと同じようなことができればよい。その方法は→Windowsに標準でついているスクリーンキーボードを起動させ、それを指の代わりにする。すなわち、今読んでいる行の部分のする下あたりにこのスクリーンキーボードをおく。スクリーンキーボードなら画面の任意の場所をクリックしても隠れないし。
 
追記(2017-06-24③):
「追記(2017-06-24②)」でスクリーンキーボードを使うと便利と書いたが、もう一つというか、もっと便利な機能がこのスクリーンキーボードにある。それは、
クリックでキーボードを打てるので、例えば、スペースキー(デフォルトではF6です。)をクリックすると、一時停止ができ、もう一度スペースキーをクリックすると再び再生される。
要は、キーボードでこの読み上げソフトの操作をする代わりに、このスクリーンキーボードで、クリックだけで操作できるって言うことです。

追記(2017-08-19①):
再生ボタンとか停止とか一時停止とかのボタンは中途半端な位置にある上に、ボタンの大きさが小さすぎて操作しにくい。その改善方法を書きます。すなわち、再生ボタンを一番左に移動し、しかも、ボタンの大きさをもっと大きくする方法を書きます:
表示 → ボタン → 「音読」より上のチェックをすべて外す。「音読」はチェックを入れたままにしておく。→ 右下にある「ボタンのサイズ」の欄で「大きいボタン」を選ぶ → OK

追記(2017-08-19②):
起動後にはタスクバーとタスクトレイにbanabolcaのショートカットアイコン(以後は、アイコンと書きます)みたいのが表示されますよね。結論を言うと、タスクバー内のアイコンは無視してください。その代わりに、タスクトレイ内の方のアイコンを注目してください。なぜなら、パソコンで他のソフトなどをいじっていたりしていると、banabolcaがすでに起動しているのに起動していないと勘違いして、もう一つのbanabolcaを起動してしまうことがあるからです。そうすると、例えば、「あれー、さっき表示していた文章が消えているぞー?」と勘違いしたり、「あれー、さっきボタンとかスライダーとかの設定をしたのに、設定前の設定に戻ってっしまっているぞー」と勘違いしたりするのを防げるからです。
すなわち、すでに起動しているのに起動していないと勘違いしてしまうことを防げるのですが、そういう不適切な場合は、タスクトレイにアイコンが2つ表示されています。なので、2つまたは2つ以上タスクトレイにアイコンが有るならば、そのうちの一つが適切な状態や設定のアイコンなので、とりあえず、全てクリックして、不要なbanabolcaは閉じてしまえばいいのです。







...

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abccba7.blog3.fc2.com/tb.php/119-7bb252f2



手のり仔猫【3D写真集】 (玄光社MOOK)

中古価格
¥344から
(2017/4/5 11:28時点)


手のり仔犬【3D写真集】 (玄光社MOOK)

新品価格
¥4,844から
(2017/4/5 11:32時点)



   ↑↑↑
フレッツ光申込みで工事費割引+月額無料期間あり!
更に≪最大40,000円キャッシュバックキャンペーン中!≫申込全員対象



かわいい子猫

子犬は30cmぐらい下です




以前はここに広告があった





■ ■
インコが猫に日本語で話しかけて起こす動画  
話す内容は→ 猫の名前 と おはよう と 猫の鳴き声のマネ