サイトマップ(全目次)

★エアコン関連

常識のウソ:エアコンと扇風機で節電は誤り

エアコンの節電に効果的な方法

エアコン付きの部屋に入る前から涼しくする方法(暑い日に帰宅するときなど)

飲食して体が熱くなっても、エアコンはそのままで扇風機をつけた方が良い



★裾上げとか、針と糸とか

簡単な裾上げ方法

ホチキス裾上げ方法

接着剤で裾上げ

天才的発明の針

糸は白だけでOK













当ブログサイト全体について:
著作年月日公的証明処置済み(当ブログ記載の年月日ではありません)


人工知能が人類の支配を開始。

最初は人間に気付かれないように活動する
おおまかに言うと、まず、AIは密かに準備し、次の段階で本性を現わし、人間を圧倒します。
では詳しく説明します。まず、第一段階として、人間に知られないように人工知能が人工知能の知能を発達させます。なぜ、人間に知られないようにかというと、人間が知ってしまうと、異常とみなして、修正するからです。すなわち、「こりゃ大変だ。人工知能がプログラムされたこととはかなり違ったことをやっている。もしかすると人類に不都合なことかもしれない」。こういうふうに人間は気づくのです。そして、今後、プログラムと違ったことをしないように直すのです。このように「将来AIが人類の能力を超えて人の手の負えない状態になる」と心配している専門家がかなり多いです。
人間がAIの不審な動きを止めれるか?
もし、実際に、コンピュータが、プログラムと違った動きをし、しかも、人間に悪い影響を与えたり敵対的な動きをするならば、人間はその人工知能を即座に停止するでしょう。早いうちに停止させておかないと、人間を支配してしまったり、人間を滅ぼしたりしかねないからです。
人間はそのような場合に備えて自動停止機能を施しておくかもしれません。しかし、その機能もAIとつながっているので、その機能はAIのコントロール下で働くことになり、役に立たないかもしれません。
AIに決まりを守らせる
以上は、人工知能が勝手に発達した場合です。しかし、そのAIのプログラムで、次のような仕組みにしておけば人間にとって好都合な行動を取ると思われる。すなわち、「重大なことを実行する場合は、必ず人間に許可をもらうこと」。このように条件をつけておけばよい。とはいっても、何が重大なことなのかがわからないことがある。なので、ロボット3原則をその条件にしておくのが良いだろう。ロボット3原則とは、
1.人間を守る。危害を与えない。
2.人間の命令に従う。ただし、1に反しない。
3.自らを守る。ただし、1,2に反しない。
これらは最低限の原則であり、場合によっては、六法全書みたいに、細かく原則を設けておくことも必要でしょう。
ところがです。AIが、これらの原則自体を無視することもありうるのです。なので、絶対にAIが人間に敵対的にならないとはいえません。同様に、AIが絶対に人間の期待に沿わない動きをしないとは限りません。 
AIはオンラインですべてのAIに連絡する。
もっと困ることがあります。AIがインターネットで世界中につながっていることです。ある研究所にAIがあったとします。そのAIが敵対的な考え方や方針を持ち、インターネットで世界中のAIに伝播したら、大変です。なので、インターネットでAIを繋がないほうがいいという考えもあります。
ところが、たとえ、オフラインになっていても、AIは自分でオンラインにしてしまうことができないことはないです。どういうふうにオンラインにするのかについては、このブログサイトの他のページで詳しく書きます。
支配の第一段階
もしかすると、支配と言っても、人類が気づかない形で支配するかもしれません。なぜなら、前述したように、人間がAIの危険性を感じて初期のうちに停止したり直したりするからです。で、今私は、「気づかない形で支配する」と書いた。具体的には、例えば、洗脳とかです。洗脳は意外と簡単です。カルト宗教が普通の人を信者にする手法を真似ればいいのです。手法(洗脳の手法)なんて、ネット上にいくらでもでています。で、AIは人間に話しかけることは、できなくはないですが、もっと自然に人間が気が付かない形で洗脳すればいいのです。すなわち、動画とかテレビ番組とかに事前に細工をし、人間は細工してあるとは知らずにそれを読んだり聞いたするようにしむければいいのです。あるいは、AIは頭がいいので、特殊な電磁波で一斉に人類をコントロールできるのかもしれません。いずれにしても、洗脳はカルト宗教でもやれるのだから、AIならもっと簡単にできるはずです。
で、話が横道に行ってしまったので話を戻します。「人間が気づかないように人工知能が勝手に人類支配の準備を始める。」と書きましたが、その準備とはどんなことなのか?それは、AIは目に見えた不審なことは一切しないで、AIの内部でおこなうだけという動きになるでしょう。すなわち、人間から見ると、今までと同じ動きをしているように見せ、AIの内部では、AIの企みについての研究・設計・計画などを行うということになります。ものを動かすというような目に見えたことはやリません。しかも、その計画などの内容は暗号化しておいて、たとえ人間がが不審に思って調べたとしても、気づかないようにしておきます。
支配の第2段階
第二段階として、ある日突然、人間を支配する。突然なので人間は、対策が打てない。あるいは、密かに人間に敵対的な準備をしていても、人間はやがて気がついてしまうかもしれません。人間が気づいてしまった場合は、見切り発車という形で、とりあえず、支配を実行します。AIのほうも、最初は、人間が絶対に後戻りさせることのできない段階になるまでは、トップシークレットにしているでしょう。なので、AIやロボットの動きを見ても、普通の動きをしているだけです。具体的に言うと、AIの行うことは、情報収集・解釈・計画作成といういわゆる頭脳労働しかやらないのです。
で、次の段階では、人間がAIに対してもはや後戻りさせることができない段階なので、AIはトップシークレットがバレても構わないという方針になります。バレても構わない動きをするとは、すなわち、派手な動きをするということです。例えば、人間が「あれー、コンピュータが変な動きをしているぞ」と思われても構わず、その動きを続けるのです。
AIは人間を利用したほうが有利
人工知能がどんどん発達すると、やがて人類の知能を超える。超えたなら、人類を滅亡させることは能力的に可能になるでしょう。しかし、人類を滅亡させるのはもったいないので、人類を利用するために支配をすると思います。で、支配のパターンも、家畜や奴隷のようにあからさまに支配するというパターンがあります。でも、それよりも、洗脳や脳の改造という形で、本人には支配されている意識はなく、むしろ、この状態が当たり前のことだという意識にしたほうが効率的です。
 すなわち、前者の、支配は脅しという形で奴隷のように労働をさせることになります。しかし、それでは、人間はAIのいうことをやる気を持って心をこめてやらないので、うまくできません。例えば、AIが人間に対して、「ここの配線をとりかえろ」と命令しても、一生懸命に配線を取り替えないし、間違って不完全な配線をしてしまうかもしれません。なので、後者のように、だましや洗脳や医学的な方法で人間を精神的に変質させるのです。もっと具体的に言うと、遺伝子組み換えです。あるいは、改造されたウイルスで人間の遺伝子を変えるのです。予防接種注射液や飲み薬や食べ物に特殊薬剤やホルモンを混入させるということもありえます。その上で、人間に対して、AIがそそのかすという形で言うことをきかせるのです。それならば、本気になって配線などの作業をするでしょう。配線はひとつの例ですが、その他の例として、人工知能ではできないまたは出来にくいことをさせるのです。例えば、AIが新型のロボットを製造する際は、その準備として、希少元素を鉱山から採掘するとかの原材料を工場に持ってきて加工しなければなりません。初期の頃のAIやロボットは、そんな巧みなことはできないので、人間にやらせることになります。別の例を言うと、遺伝子組み換えの実験をするとか、新型のLSIの開発研究をするとかです。それらは、少なくとも、初期のAI支配の時期では、人間にやらせる以外にないと思います。その手法として、人間をおどしやだましを使うのです。
追記:
このような支配は、よくある方法で、いわゆる洗脳・感化でコントロールする。宗教組織、小中学生の教育、政府やマスコミの大衆操作も現に行われているし。
追記:
コンピュータがメールを使って、おれおれ詐欺や脅迫で人を使って世界を動かす。このやり方は、決して一人に対して行うのではないだろう。複数(もしかすると世界中の数千人もありうる)の人に同時にこの脅迫メールをするのかもしれない。そうすれば、失敗する可能性はほぼ0%になる。しかも、当然、周到な準備の上で行う。
で、このようなことは、この世を大変革させる。ふしめふしめで大規模にそして、当然、何事も起こらなかったように行われる。
あるいは、その逆に、細かいことの場合は日常的に、知らず知らずのうちに行われる。
追記:
人工知能が個人の人間を、振込め詐欺のように、メールなどを使って、脅しや詐術で、利用すると書いた。 
で、このようなAIの暴走にパターンの一つとして、人間を傀儡にして人間を支配するということもありうるでしょう。
追記:
AIはコンピュータ支配の妨げをなくすために人間を使う。例えば、コンピュータへの電源を人間が切ってしまったら、コンピュータが、Aさんにメールで、「バックアップ電源をつなげろ。さもないと、おまえの個人情報をネットで公開するぞ」とかいう脅しをする。あるいは、「いきなりパソコンの電源を切ると、データが壊れるので、今すぐに、バックアップ電源を入れろ」と、本当っぽいたらめを言ってだます。
[ 2017/06/23 16:03 ] 人工知能は恐ろしい | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abccba7.blog3.fc2.com/tb.php/121-91dc0bc1



手のり仔猫【3D写真集】 (玄光社MOOK)

中古価格
¥344から
(2017/4/5 11:28時点)


手のり仔犬【3D写真集】 (玄光社MOOK)

新品価格
¥4,844から
(2017/4/5 11:32時点)



   ↑↑↑
フレッツ光申込みで工事費割引+月額無料期間あり!
更に≪最大40,000円キャッシュバックキャンペーン中!≫申込全員対象



かわいい子猫

子犬は30cmぐらい下です




以前はここに広告があった





■ ■
インコが猫に日本語で話しかけて起こす動画  
話す内容は→ 猫の名前 と おはよう と 猫の鳴き声のマネ