サイトマップ(全目次)

★エアコン関連

常識のウソ:エアコンと扇風機で節電は誤り

エアコンの節電に効果的な方法

エアコン付きの部屋に入る前から涼しくする方法(暑い日に帰宅するときなど)

飲食して体が熱くなっても、エアコンはそのままで扇風機をつけた方が良い



★裾上げとか、針と糸とか

簡単な裾上げ方法

ホチキス裾上げ方法

接着剤で裾上げ

天才的発明の針

糸は白だけでOK













当ブログサイト全体について:
著作年月日公的証明処置済み(当ブログ記載の年月日ではありません)


1万円札と5000円札をうっかり間違えて支払わない方法

1万円札と5000円札は非常に良く似ています。特に、たまにしか使わない人は間違えて渡したりしやすいです。慣れている人も100回に一度は間違えると思います。そうすると、当然損をしたり、トラブルになったり、また、たとえその時すぐ気づいても、恥をかいたりしてしまいます。


┃┃スポンサードリンク
┃┃
では、個人が財布から出して渡すようなときにはどうすればいいか?
その対策は簡単です。前もって、ある準備をしておくだけでいんです。それは、私がいつもやっていることなんですが、ひとことで言うと、一万円札と五千円札を同じ部分に入れておかないことです。すなわち、前もって財布の入れ物の通常の入れる部分に札は1000円札と一万円札だけ入れて置き、5000円札は、その財布のコインを入れる部分(チャックでが閉まる付属的なポケットのような部分)に入れておきます。もし、チャックで閉まる付属的な部分がないなら、5千円札だけ透明ビニール袋に入れた状態で千円札や一万円札といっしょに入れておけばいいのです。こうすれば、5000円札だけは取り出すのが面倒くさくなるので頭の中で「これはいつもと違うのだ。5000円札なんだ。」と思いながら出します。これで、うっかり一万円札と間違えないし、一万円札を出すときも間違えません。(あるいは、めったに一万円札を使わない人は、一万円札だけ別のところに入れて、千円札と5000円札を一緒に入れて置く)。

以上で、本題はおおむね終わりです。以下は余談とか関連事項とか追記に過ぎません。

でも、1000円札と一万円札が一緒に入っているので、1000円と一万円を間違えたらどうするのかっていう人がいるかもしれません。そこまで世話を見切れないとも言えますが、とりあえずそれについても書くと:
・普通の人はさらに5000円札も一緒に入れておくのだから、それと比べれば、はるかに安全。
・一万円札と1000円札をごちゃごちゃに入れてないで、たとえば、前のほうには1000円札があり、後ろの方には1万円札があるっていうふうに入れておけば安全。
・そもそも、一万円札と1000円札はかなり違っているので、間違えない。
・一万円札と1000円札とでは価値が全然違うので、一万円札を扱うときは比較的、緊張感が高まるので、間違えない。

以上は個人の場合ですが、今度は、日常的に受け取っている店などのレジではどうするのか?以下のとおりです:
・店員はお札を受け取っても、絶対にレジの引き出しに直接入れない。いったんレジの上に置く(その時、飛ばないように、磁石を札の上に置くことが多い)。
・「一万円入ります」とやや大きい声で言ったりします。
・また、これは深夜などのコンビニでは強盗対策のためか、控え室や倉庫のほうに専用の金庫(鍵付きの郵便受けみたいので、細長い穴から札を入れる。出すには鍵が必要。この金庫は移動ができにくくなっている)にいれる。これは、他のお金と違う収納の仕方だし、やや面倒なので、記憶に残りやすい。しかも、一万円札はレジには存在しない。なので、間違えにくい。

それにしても、何でこんな間違えやすい札を作るのかって思います。実際、このようなトラブルは、世間でかなり頻繁に発生していて、私もよく聞きます。

追記:
・一万円札を渡すときは必ず指で唾を付けて、数えること。シャレではないが、万一2枚重なったまま一万円として渡すのを防ぐためです。(シャレではないという意味は、一万と万一がフレーズ的に似ているということ)
・さらに、一万円札を渡すときは、かならず、「一万円です」って言いながら、渡すとよい。店側が、たまたま、バイトをやりたての人だったり、たまたまレジが混んでいてパニくったりして、間違えることが、たまにあるからです。そして、「今のは、一万円札でしたよねー」とか聞くことがあるんです。言われた方も嫌な気分です。
・それでも、心配なら、わざと「変な角度でその場で折り目をつけて」、渡すとよい。これなら、絶対に店の側でも、間違えない。

追記(2010/06/05)
海外での高額紙幣の支払いの仕方やコメント:
・まず、上記のやり方をする。
・海外では、日本人に対して、詐欺・すり・泥棒・強盗がかなり多い。で、論理的に考えて、支払いの時もたとえば「今受け取ったのは100ドル札じゃなかったよ。10ドルだったよ。」なんていうこともありうる。国名はここでは言わないが、そのように騙すのが当たり前で、その場合、騙されたほうが間抜けで悪いのだという国が実際にある。
・前もって、すべての高額紙幣の番号をメモしておく。または、デジカメで撮影しておく(トランプを重ねて並べて全部のトランプの数字だけ一覧できるように並べる方法があるが、それと同じように番号だけ一覧できるようにして、いっぺんに全部の番号を撮影しておくとよい。)。で、万一、渡した渡さなかったというトラブルになったら、そのメモやカメラの映像を見せれば良い(デジカメはその場ですぐに撮影済みの画像が見れる)。で、そのとき、とぼけたり、次のお客さーん、とか言って無視されたりしたら、その場で携帯で警察を呼ぶ(携帯でニセ通話するのでもいい)。英語や現地語で警察を電話で呼ぶのは語学的にできない場合は、日本語で、友達を呼ぶフリをすれば良い。その場合、ポリースという単語を頻繁に挿入してニセ電話をする。大抵の外国語は警察をpolisとかpoliceと呼ぶし、そうでなくても、だいたい分かる(なお、日本人は「L」の発音ができないので、「ポリース」と言わずに「ポイース」と言った方がうまく聞きとってもらえると思う)。また、その店の名前とか場所名も発音する。すると、相手も、慌てる。それで効果がなかったら、本当に警察を呼んでくれば良い。こっちはちゃんとカメラの証拠があるのだから。

余談になるけど、海外では、お金は危険分散しておくこと。すなわち、いろいろな部分にわけて入れておく。たとえば、同時に、ズボンのポケットに小銭を入れ(なお、これは強盗に渡すときに、これしかもっていないと主張するのに便利)、胸ポケットに他の札を入れ、腹巻みたいなのにも入れ、ズボンの中に不要の靴下を縫いつけてポケットのようにして、その中に入れ、同様に下着シャツにも入れ、カバンにも入れる。
・高額のものはクレジットカードやとらべラーズチェックを使う


┃┃スポンサードリンク
┃┃
iiiii
[ 2010/06/04 17:00 ] 知っていると得する情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abccba7.blog3.fc2.com/tb.php/73-bd3d69ed



手のり仔猫【3D写真集】 (玄光社MOOK)

中古価格
¥344から
(2017/4/5 11:28時点)


手のり仔犬【3D写真集】 (玄光社MOOK)

新品価格
¥4,844から
(2017/4/5 11:32時点)



   ↑↑↑
フレッツ光申込みで工事費割引+月額無料期間あり!
更に≪最大40,000円キャッシュバックキャンペーン中!≫申込全員対象



かわいい子猫

子犬は30cmぐらい下です




以前はここに広告があった





■ ■
インコが猫に日本語で話しかけて起こす動画  
話す内容は→ 猫の名前 と おはよう と 猫の鳴き声のマネ