サイトマップ(全目次)

★エアコン関連

常識のウソ:エアコンと扇風機で節電は誤り

エアコンの節電に効果的な方法

エアコン付きの部屋に入る前から涼しくする方法(暑い日に帰宅するときなど)

飲食して体が熱くなっても、エアコンはそのままで扇風機をつけた方が良い



★裾上げとか、針と糸とか

簡単な裾上げ方法

ホチキス裾上げ方法

接着剤で裾上げ

天才的発明の針

糸は白だけでOK













当ブログサイト全体について:
著作年月日公的証明処置済み(当ブログ記載の年月日ではありません)


amazonギフト券を使う手順(券を買って注文する方法を時系列で説明)

《副題: アマゾンギフト券を自分で買って自分で使う方法》

コンビニ等で入手する方法として、下記の2種類があり、どちらか好きな方を利用すれば良い:

●プリペイドカード方式:
このプリペイドカード方式の手順や詳細についてはこちらのページをごらんください。簡単に言うと、
「コンビニに行く → amazonプリペイドカードを商品陳列場所で取る → レジに持って行く → 金を払ってamazonプリペイドカードを受け取る」 (サインは不要。コピー機操作も不要。)
欠点・・・私が買って実際に使った経験では有効期間が約1年でした。後述のコンビニ印刷方式なら有効期間が約3年でした。

下記の枠内は上記と同じ内容を別の表現で書いただけです。
新情報  amazonプリペイドカード(コンビニで売っているテレカみたいの)
コンビニで売っているamazonプリペイドカードのを使う場合はこちらのページです。すなわち、私は2012年11月下旬にコンビニでamazonプリペイドカードを買って来ました。そしたら、アマゾンギフト券と全く同じようにギフト券分の金額を登録できました(残高をギフト券分だけ加算されました)。

┃┃スポンサードリンク
┃┃

●コンビニ印刷方式
簡単に言うと、
「コンビニに行く → コピー機の付加機能を使って申込書を印刷 → レジに持って行く → 金を払って、サインしてギフト券を受け取る」。

下記のすべての内容はコンビニ印刷方式についてです。

注意:少なくとも2010-12-05の時点の場合です。私が、行なった経験を時系列で書いているだけなので、すべて自己責任でお願いします。というか、今後の自分の購入のためのメモなのです。もちろん、ありのままを書いています。

では、本題です:
商品を決めた(私の例として、2980円の商品を買うことにした)

コンビニに行ってコピー機のところに行く(例として、セブンイレブン)

コピー機に液晶の操作画面があり、下記のページのとおり画面の指示に従って5000円のamazonギフト券の代金払込票(少なくともセブンイレブンの場合の正式名は「プリペードサービス代金払込票」という名前である)をプリントすた(この段階ではまだ何も支払わない)。なお、2980円の商品の購入なので、3000円の券でいいのだけど、なにぶん、初めてなので、もし、ナントカ手数料とかが別途請求されたら困るので5000円の券にした。結果論とし、商品代金の請求だけだったので、3000円でよかったのだが)
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200455600

レジに行った。

その代金払込票を提示して、「これお願いします」とかおいらが言った。

すると、店員がその代金払込票上のバーコードを読み取って新たな紙(サインをする紙)を印刷した。

そして、店員はそのサインをする紙をおいらに提示し、「ここにサインしてください」って言うので、おいらは内容確認して、サインした(おいらの氏名を書いた)。

同時に5000円(例)を支払った。

すると、目的のギフト券を受け取れた(例だと、5000円のギフト券)

で、先ほどおいらが提示した代金払込票も受け取れた(もらえた)。それから、「店員が日付印を押した」チケット等払込受領証というレシートみたいのをもらえた(このような金券の場合はレシートと言わずにチケット等払込受領証と呼ぶようです。たぶん、金券を買うときもレシートを発行し、品物購入時もレシートを出すというふうに同一商品に2重のレシートが存在してしまうのを避けるためにこうに呼んでいるのかも)。
だから、受け取れたものは ①代金払込票 ②目的のギフト券 ③チケット等払込受領証(日付印が押されていた)。
この3つだけです(当然、②が重要で、③はたぶんもしもの時の証拠だと思う。①はたぶんあまり重要でない)。サインをした紙はコンビニが保管です。

この3つをもって家に帰った(まあ、iphoneとかで出来るなら家に帰らなくてもいいのだが)。

amazonのページに接続

もし、今回は買い物をしないで、ギフト券の登録だけする場合は、amazonギフト券の番号を入力してその金額を登録する手順のページに移動してください。

検索とかで買いたい商品を表示させた。

その商品の名前をクリック

数量を選択して「ショッピングカートに入れる」というボタンを押した。

レジに進むというボタン

おいらはすでにamazonのアカウントを持っていたので、amazon.co.jpのアカウントを持っています、という所にチェックを入れて、パスワードを入れて、サインインというボタンを押した。

送り先を決めるボタンを押した(普通は自宅ですね。コンビニ受け取りっていうのもあるけど)

通常配送を選択し(おいらの場合の例です)、送り先と商品と数量と料金が表示されていたので確認した上でボタンを押した。

使用可能残高「¥113分のamazonポイント、amazonギフト券、amazonショッピングカード、クーポンを利用する場合は、チェックを入れてください。」と書いてあるところにおいらはチェックを入れた(¥113分というのはおいらが今までの商品購入で貯めたポイントのようです。)。

で、下の方にスクロールすると「amazonギフト券、amazonショッピングカード、クーポン」の番号の入力欄があるので、先ほど買ったamazonギフト券に書いてある番号(パスワードみたいの)を入力して、横のボタンを押した。

すると、「支払いの方法を選んでください」という画面になり、「使用可能残高」って書いてあるところすぐ下に、    
「¥5113分のamazonポイント、amazonギフト券、amazonショッピングカード、クーポンを利用する場合は、チェックを入れてください。」という文とこの¥5113分の内訳としてギフト券が¥5000分でポイントが¥113分と書いてあった。で、そのチェックボタンをおした。

で、画面の右に「次に進む」というボタンがあったので、押した。

請求先の住所を決める画面になった。おいらの場合は自宅にした(アカウントがあるせいか、または、過去においらが設定したせいか、自宅の住所が自動で出たので、「この住所を使う」というボタンを押した)

すると、今入力した内容全部が整理されてでた。つまり、送り先、配送方法、注文内容、支払い方法などである。で、amazonポイントとamazonギフト券から商品代金だけが引かれた計算が記載されていた。購入明細と支払い明細がまとめて書いてあるので合計額がゼロになっていた。合計がゼロって言うのも変だけど、購入額マイナス支払額なので、当たり前とも言える。なお、この表示でゼロになっていない場合(支払額が足りない場合)は、おいらは未経験なので想像だけど、その明細の下にギフト券の追加のための番号(先程も説明したギフト券に表示されているパスワードみたいのやつ)の入力欄があるので、そこに入力してボタンを押せば、前述のゼロでなかったものがゼロになって購入が可能ってなるのだと思う

で、内容が確認できて、納得できたのでそのページの上にある「注文を確定する」というボタンを押した。

すると、「ありがとうございます。注文が確定されました。」という表示のページになった。

これで注文が完了ですね。注文後、どうなったか、配送で今どこの集配所とかにあるか、などを確認したいならば、トップページ内の「アカウントサービス」というリンクを押せば見れる。

そのアカウントサービスを度々見たのだが、たとえば、「現在、大阪集配所から出荷しました」とかいうふうに、現在の位置と状況とそれまでの位置や状況記録が記されていた。なので、「もうちょっと、時間がかかるな」とか、「あ、今、自宅の最寄りの集配所にあるので、もうすぐ持ってくるな」っていう具合に、状況がわかる

指定したとおり自宅に届いた(指定と言っても、送り先の指定です。日時指定はもともとしていない。)。届いた日は2日後だった。やったことは、商品を受け取って、サインをしただけだった。初めから終わり(この時点)まで支払ったのは商品代金だけ(※1)だった(厳密に言うと、ギフト券の金額+それまで貯めたポイントの額 から 商品代金が差し引かれただけだった。もちろん、宅配スタッフから、何も請求されなかった)。

まとめ:簡単にいえば、結局、支払ったのは商品代金だけ(※2)です。ただし、ポイントは考えないものとします。配送料とか支払手数料とかは一切発生していませんでした。ギフト券も5000円支払って、5000円分の支払いが可能になり、ギフト券の手数料とかは一切なかった。もっと厳密にいうと、券の購入で5000円を支払って、商品代金の2980円だけが差し引かれて、残額が2020円となった。くどいようですが、ポイントは考えないものとします。



注意:
※1および※2の 支払ったのは商品代金だけ)について・・・言うまでもないが、念の為に書きます。たしかに、セブンイレブンに5000円支払ったり、今まで貯めたポイントを使用したりした。つまり、見た目の金銭的負担はそうなのだが、アマゾンのサーバー上では商品代金だけが差し引かれているだけだし、宅配便スタッフからも1円も請求されていない。つまり、
(支払った5000円+使ったポイント)- (商品を受け取った時点のアマゾンの残高) = 商品代金
である。
なお、配送料無料と書きましたが、原則無料ということである。すなわち、大型商品などの特別配送商品とか、「お急ぎ便」など特殊な配送とか、Amazonマーケットプレイスで出品者が販売・発送する商品にとか、は対象外

利用出来るコンビニとその説明リンク
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?ie=UTF8&nodeId=642978#cvs_gc
例として、セブンイレブンの場合
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200455600
amazonのサイトのamazonギフト券の説明ページ
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=642976


もともとamazonは送料無料だし、amazonギフト券を使えば支払い手数料も無料になる。

amazonギフト券の有効期限について:おいらが今回買ったものについていうと、ギフト券の実物の記載内容を見ると2010年12月5日購入したと書いてあり、実際そのとおりであるのだが、有効期限は2013年11月1日と書いてあった。なので、有効期間は 2年10ヶ月と25日間ということになり、3年弱(=3年間より少し短い)ということになる。
amazonのサイトを見ると、
http://www.amazon.co.jp/gp/gc/#gift-cards-terms-and-conditions
のページの細則の8を抜粋すると以下のとおりである。おいらの今回の場合は「Amazonギフト券(シートタイプ)」に該当する。
-------------抜粋 ここから------------
8.Amazonギフト券の有効期限 Amazonギフト券は、券種毎に有効期限が異なります。Amazonギフト券(Eメールタイプ、印刷タイプ)は発行から1年、法人向けAmazonギフト券は発行(*)から2年、Amazonギフト券(シートタイプ)は発行(*)から3年となります。Amazonショッピングカードに有効期限はございません。  (*) ここでの発行とは、弊社が第一次的な取り扱い先のお客さまに対して発行した時点を指しています。具体的な有効期限は、お客さまのお手元のギフト券をご参照ください。
-------------抜粋 ここまで------------

まあ、3000円や5000円のギフト券が売っているので、初めての人はコンビニに行ってこの3000円や5000円のギフト券を買ってくればいいのだが(たとえば、2500円の品物を買う場合は3000円のギフト券を買う)。初めてでない人で今まで使った残額があるなら、amazonで買う直前に商品代金を超える額になるように新たに3000円や5000円のギフト券を買えばよい。 なお、上記の例でも書いているが、過去に商品を買ったとかで獲得して貯まっているamazonポイントを合算できる。

よくある質問。
●有効期限の異なった複数のamazonギフト券を使う場合は有効期限が近い順に使用されるのですか?
amazonのサイト内ではこれについての説明は私は見つられませんでした。しかし、「amazonギフト券 有効期限が近い 複数」というキーワードでgoogle検索すると説明ページがいくつか出てきます。
●amazonギフト券を自分で買って自分で使うことはできますか?
ギフト券という名前からして、この使い方は裏技的なのでしょうか、amazonのサイトを見てもこれについては書いてありませんでした。でも、「amazonギフト券 自分で使う」というキーワードでgoogle検索すると、説明ページがいくつくか見つかります。

●編集後記:このやり方の各々の文は過去形と現在形がある。書いているときのノリで時制が過去形であるべきなのに現在形になってしまったという事情が原因である。その点は汲みとって読んでください。まあ、一般論とかは現在形で、経験とかは過去形という傾向が高いでしょう。なにぶん、完全な日本語にすることよりも、書き上げることを優先したもんですから。


おまけ:
●アマゾンギフト券の残高を確認する方法
詳しい説明と直接リンク:
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=872460
直接リンク:
https://www.amazon.co.jp/gp/css/gc/payment/view-gc-balance?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0&

●アマゾンギフト券を買い、今後自分でそのギフト券分の金額を使うためにそのギフト券を登録(追加登録も)する方法(上の2つのリンクと同じ)
詳しい説明と直接リンク:
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=872460
直接リンク:
https://www.amazon.co.jp/gp/css/gc/payment/view-gc-balance?ie=UTF8&*Version*=1&*entries*=0&

追記(2011-05-04):
もう、このamazonギフト券を使って買う方法を始めてから半年近くになりました。でも、何の問題なく引き続きどんどん利用しています。すなわち、この間に、携帯用クレードル。USBスピーカー。記憶メディア。ソフトウェアのディスク。自転車。ペットボトル入りの飲み物2箱。小型オーディオ機器。などです。何が言いたいかというと、実際にこの半年ぐらいの間に、amazonギフト券を自分で買って自分で使って商品を買って、全然問題なかったという事実の報告ってことです。

追記(2012-05-13):
もう、このamazonギフト券を使って買う方法を始めてから約1年半になりました。全く問題なく、引き続きどんどん買っています。くわしく言うと、2011年は14回注文して、すべて正常に届いています。2012年は現時点(5月)までで6回注文してちゃんと届いています。当たり前ですが、ギフト券で支払いが済んでいるので、荷物受け取りは、サインするだけ。ギフト券残高が少なくなってきたら、近くのセブンイレブンに行って、amazonギフト券を買って来て、amazonサイトにギフト券番号を入力して残高補充完了って感じさ。
特に、ペットボトル飲料とか米とか缶詰(カットトマト)は、安くて無料配達なので、すっごく助かるし。


┃┃スポンサードリンク
┃┃

■iiiii■

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abccba7.blog3.fc2.com/tb.php/99-b9d773a1



手のり仔猫【3D写真集】 (玄光社MOOK)

中古価格
¥344から
(2017/4/5 11:28時点)


手のり仔犬【3D写真集】 (玄光社MOOK)

新品価格
¥4,844から
(2017/4/5 11:32時点)



   ↑↑↑
フレッツ光申込みで工事費割引+月額無料期間あり!
更に≪最大40,000円キャッシュバックキャンペーン中!≫申込全員対象



かわいい子猫

子犬は30cmぐらい下です




以前はここに広告があった





■ ■
インコが猫に日本語で話しかけて起こす動画  
話す内容は→ 猫の名前 と おはよう と 猫の鳴き声のマネ